みるめぐるくう

いろんな事に興味がある私ですが、今はミニチュアが見るのも作るのも大好き!制作過程を随時載せていきます!時々ネット販売もしています。

大根あめ。

ノドにいいらしいので作ってみました。

大根あめです



はちみつと大根だけでできます。

大根のエキスが出たはちみつをお湯で割って飲むそうです。

大根はスカスカになっちゃうようなので醤油に漬けて食べると美味しいらしい




応援のポチッ!をお願いします!
あなたのポチッが次の制作意欲に繋がります

  
スポンサーサイト
[ 2016/02/18 21:00 ] つくってみた。(料理) | TB(-) | CM(2)

米麹で甘酒。

寒いですね。

こんな時は身体の中から温めようと甘酒を作って飲みました。

米麹に2~3倍のお湯(60℃)を入れて炊飯器のスイッチオン!

(私の場合は保温4時間)

フタは閉めずにタオルをかけて途中何度かかき混ぜるだけ。

簡単におうちで手作り甘酒ができちゃいます



これをミキサーでもう少しすりつぶしても良いのですが

私はこの米粒のまんま。

食べる甘酒です

しょうがを入れたりシナモンを入れたりして飲んでも美味しい!

ゆずの皮とかすりおろして入れてもいいかも~!


お砂糖の代わりに手作り甘酒を使ってる人もいますが

そんな風に調味料も全部手作りできたら理想的だな~

お塩を入れれば塩麹もできちゃうしね!

ま、私は思いついた時たまに作るぐらいだろうけどね~




応援のポチッ!をお願いします!
あなたのポチッが次の制作意欲に繋がります

  
[ 2016/01/25 21:00 ] つくってみた。(料理) | TB(-) | CM(2)

重ね煮。

今日は寒いですね

温かいものが食べたくなります

最近週一位で作っているもの…それは『重ね煮』です!

野菜を重ねて煮ていくだけのものですが順番があります。

   鍋の上  根菜類: 玉ねぎ、ニンジン、ごぼうなど
    ↑   イモ類: じゃがいも、さつまいも、かぼちゃなど
    ↑   葉物類: キャベツ、白菜、長ネギなど
    ↑   果菜類: なす、トマトなど
   鍋の下  きのこ・海藻類: しいたけ、しめじ、昆布など



ちなみに今回私が作った重ね煮の材料は

  しめじ、えのき、しいたけ、トマト、キャベツ、セロリ、

  じゃがいも、さつまいも、大根、にんじん、玉ねぎ、

そして大豆の水煮と胚芽押麦も入れました。

鍋底と重ねた野菜の上に塩を適量入れます。

(↑あ!今更鍋底に。って!…と何度も入れ忘れてる私。

別に上からだって大丈夫だと思います。)

うちではおだしで煮込む時もあります。

蓋を閉めて弱火でコトコト煮たらできあがり

IMG_1707_201511251643483b7.jpg

簡単です!

皮はむかない、灰汁は抜かない。

というのもこの『重ね煮』の条件だそうですが

私はこれもその時の野菜の状態によって変えてます。

野菜の切り方もその時の気分で細かくしたりゴロゴロ大きめにしたり。

焦げ付きそうならもちろんお水を入れてもよいそうです。

(確かに野菜の水分だけでは焦げ付きます!

実際、一番下のきのこは毎回、鍋底に貼り付いてるし!!!)

多めに作って次の日は味変して楽しめます

お味噌汁とかカレースープとかクリームシチューなどなど。

スープ多めにしても良いと思うし、いろいろアレンジききます。

冷蔵庫で1週間位持つそうだけどうちではそんなにかからず食べきっちゃいます!

野菜がたくさん食べられて、しかも美味しい

ぜひお試しを!


≪追記≫ 11/26
重ね煮は『陰陽論』という素材の性質を生かす調理法らしいです。

お鍋に入れる順番は
根菜は下に向かって伸びる求心力で成長するので上に。
(体を引き締め暖める「陽性」)

葉菜は上に向かって伸びる遠心力で成長するので下に。
(体をゆるめ冷やす「陰性」)

これらに火を加えることで上に向かおうとする力と、下に下がろうとする力が働き
それがお互いに影響し合って、素材の持つ本来の甘みやうま味を引き出す事が
できるそうです。

レシピによっては野菜類の上に穀物を入れたり魚介類を入れたりするものもあります。
『重ね煮』で調べるといろんなレシピが出てくると思います。

あまり難しい事は考えずに私は美味しいので作って食べてます




応援のポチッ!をお願いします!
あなたのポチッが次の制作意欲に繋がります

  
[ 2015/11/25 21:00 ] つくってみた。(料理) | TB(-) | CM(2)

ヨーグルトアイス。

暑くなってきました

あんなに毎日なっていたキュウリももう終わってしまった苗があるので

また新たに苗を購入してきました

これでまたキュウリ三昧の日々が送れます



キュウリも身体を冷やしてくれる野菜ですが

この暑さじゃもっと冷やして欲しくなります。

そんな時はコレ!



ヨーグルトにアイスの棒(または割り箸)を突き刺して

凍らせるだけ!!!

IMG_1878g.jpg

簡単にヨーグルトアイスができちゃいました~

冷たくてヘルシーで美味しい~!




応援のポチッ!をお願いします!
あなたのポチッが次の制作意欲に繋がります

  
[ 2015/07/12 18:00 ] つくってみた。(料理) | TB(-) | CM(6)

とちおとめミルクジェラート。

道の駅が好き!とブログに散々書いているので

またかと思われてしまうかもしれませんが

野菜や果物を買う目的の他にジェラートを食べに行くのも目的になってます

我が栃木県の道の駅は22箇所ありますがほとんどジェラート屋さんが入っています。

その中でも人気の高いミルクのジェラートに生のいちごをつぶして混ぜた

とちおとめミルクは絶品

(店舗によって名前が違います。とちおとめは栃木のいちごの品種のひとつ)

アイスの美味しい季節になってきたし、(と言いつつ冬でも食べるけどね。)

とちおとめを買ったので自分でもミルクジェラート作ってみました。



食べる直前に生のいちごを投入

つぶしながら混ぜてできあがり

安定剤も乳化剤も入ってないので写真撮るうちに溶ける溶ける

すぐ頂きました。

美味しい~

もうそろそろいちごも終わりかな?

終わる前にぜひ作ってみて下さい~


ミルクジェラートのレシピ
牛乳…1L
砂糖…75g(私はパルスイート15スティック)
スキムミルク…30g
バニラエッセンス…数滴(多分入れなくても良いかも)

鍋で砂糖とスキムミルクを混ぜダマにならないよう牛乳を少しずつ入れて混ぜる。

火にかけて絶えず混ぜ続ける。

沸騰したら中火から弱火にして半分の量になるまで混ぜる。

荒熱がとれたら耐冷容器に入れ冷凍庫へ。

1時間ごとに混ぜる。

半分の量まで煮詰めないと水分がかなりあるので

シャリシャリ感なジェラートになってしまうので

焦げないように半分の量まで持っていければ美味しいのができるはず!



応援のポチッ!をお願いします!
あなたのポチッが次の制作意欲に繋がります

  
[ 2015/04/26 15:07 ] つくってみた。(料理) | TB(-) | CM(6)